レビトラの効果

レビトラの効果

レビトラの効果

 

レビトラは、バイアグラの改良版といってもおかしくありません。

 

レビトラは、性行為の30分ぐらい前に飲めば効果が出てくると言われています。早い方では15分ぐらいで効果が出る人もいるようです。

 

レビトラのいいところは、即効性です。いざというときには、やはりレビトラがお役に立ちます。

 

また食事の制限を受けないところもいいですね。

 

通常デートなどでは、食事が付きものですので、食事の心配をしながら飲むタイミングを選んでいたのでは、疲れてしまいます。

 

ですが、さすがのレエビトラでも脂の強い食事をしている最中に飲んだのでは、効き目が半減してしまいますのでご注意ください。

 

私のおすすめのレビトラの飲み方は、彼女と会う1時間ぐらい前に飲むのが一番いいと思います。1時間ありますと、レビトラは完全に体に吸収されてしまいますので、脂っこいものでも何でも食べてOKです。

 

もう一点は、効果の持続時間の長さが8時間と長いのがありがたいです。

 

デートの前に食事などしていますと、すぐに2時間ぐらいは経ってしまいますので、バイアグラのように4時間の効き目では、時間的に少し不安になってしまいます。

 

レビトラの血中濃度の変化は下記のような感じです。

 

レビトラ

 

服用して、1時間〜6時間ぐらいが高い濃度を示しています。

 

レビトラは副作用が出ないように工夫がされていますが、それでも数パーセントの方に副作用が出ます。

 

主な副作用は、顔の火照り、鼻のつまり、頭痛などありますが、それほどひどく出る方はほんの一部の方だけですので、心配はいりません。

 

薬ですので、どうしても、その薬にアレルギーを持っている方は必ず存在します。

 

レビトラの20mgとバイアグラの100mgで同じぐらいの効果と言われていますので、日本で許可されているED治療薬の中ではレビトラ20mgが最強のED治療薬と言えます。

 

注意事項としまして、レビトラは、バイアグラ、シアリスに比べ併用禁忌の薬が多いので注意が必要です。また、グレープフルーツ、グレープフルーツジュースを食した後にレビトラを服用することも危険です。

 

他のED治療薬も同じですが、ニトログリセリンと相性が悪いので、血管系の発作を服用中に起こした時には、レビトラを飲んでいる事を伝えられる状態にしておきましょう。

 

心臓発作などでは、必ずニトロを使用しますので、レビトラと一緒に使用すると、過度な低血圧になり危険な状態に陥ります。

 

相手にレビトラを飲んでいる事を伝えるのは、嫌なものですが、循環器に病気を持っていたり、親が心臓病などの方は相手に知らせておくと安心です。

 

レビトラは本当に頼りになるED治療薬です。詳細はこちらでご覧になれます。</strong>